日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.09.09

【2021年東京オリンピック・レビュー(12)】女子57kg級/優勝選手・表彰式・闘いのあと

 

(2021年8月4~5日、千葉・幕張メッセ)


【女子57kg級・優勝】
川井梨紗子(Kawai, Risako=日本)

(提供=UWW / 撮影=Tony Rotundo)

(提供=UWW / 撮影=Kadir Caliskan)

 1994年11月21日生まれ、26歳。8歳からレスリングを始め、愛知・至学館高へ進んでから台頭。2011年世界カデット選手権で優勝し、2012年にヤリギン国際大会(ロシア)、クリッパン女子国際大会(スウェーデン)に連続優勝。国際舞台でも実績を残し、同年の世界女子選手権に初出場して7位入賞。

 その後、2013・14年に世界ジュニア選手権で連続優勝。2014年アジア選手権優勝、2014・15年ワールドカップで全勝など世界のトップレベルの実力を披露。63kg級でオリンピックを目指すことを決め、2015年世界選手権2位を経て、2016年リオデジャネイロ・オリンピックで優勝。

 その後、東京オリンピックまでの間に2018年アジア大会で不覚を喫し(繰り上げで2位)、伊調馨に敗れるなどしたが、世界選手権代表は譲らず、3年連続で世界一へ。東京オリンピックでも金メダルを手にし、通算5大会連続で世界一をキープした。

 ■川井梨紗子の話「プレッシャーがなかった、と言えばうそになる。リオデジャネイロのときと比べると、1試合1試合を重く感じていた。ただ、そのプレッシャーが応援になると信じていて、それを抱えることができる精神を持たなきゃと考えたので、何とか闘えました。

 (姉妹での金メダルについて)こんないい日があっていいのかな、と思います。この日のために、長い間いろいろな思いを抱えて、ここまで頑張ってきて、今日は本当にいい日です。一緒にオリンピックを目指すために階級も変えました。平坦な道のりではなかったと思います。楽ではなかったけれど、それが報われるための努力があって、今日を迎えられたのかなと思います」

《1回戦~決勝の成績》resultトーナメント表
決 勝 ○[5-0]Kurachkina, Irina(ベラルーシ)
準決勝 ○[2-1]Maroulis, Helen Louise(米国)
2回戦 ○[7-0]Boldsaikhan, Khonogorzul(モンゴル)
1回戦 ○[8-2]Camara, Fatoumata Yarie(ギニア)


【表彰式】

(提供=UWW / 撮影=Tony Rotundo)

[2]Kurachkina, Irina(ベラルーシ)
[3]Nikolova, Evelina Georgieva(ブルガリア)
[3]Maroulis, Helen Louise(米国)







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に