日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2021.10.11

モハマド・ゲラエイ(イラン)が今大会2人目のオリンピック&世界W制覇…2021年世界選手権・最終日

 

東京オリンピックに続いて世界一に輝いたモハマド・レザ・アブドルハム・ゲラエイ(イラン)=提供・UWW/撮影:Kadir Caliskan

 【オスロ(ノルウェー)】2021年世界選手権最終日は10月10日、ノルウェー・オスロで男子グレコローマン3階級が行われ、東京オリンピックの67kg級を制したモハマド・レザ・アブドルハム・ゲラエイ(イラン)が同級決勝で、昨年の個人戦ワールドカップ優勝のナシール・アブデュラエフ(ロシア)を破って優勝。ダブル世界一を達成した。

 今大会で東京オリンピックに続いて優勝したのは、男子フリースタイル97kg級のアブデュラシド・サデュラエフ(RWF)に続いて2人目。

 イランからは、63kg級で4月のアジア選手権2位のメイサム・ダルカニも優勝。前日の重量2階級を含め4階級を制した。

 87kg級は欧州チャンピオンで東京オリンピック3位のズラビ・ダツナシビリ(セルビア=元ジョージア)が勝った。

 国別対抗得点は、ロシアがイランに及ばない1階級しか優勝できなかったものの、8階級でメダルを取る好成績で152点をマーク。イランの146点を押さえ、6大会連続優勝を達成した。3位は107点のアゼルバイジャンで、日本は54点で7位だった。

 各階級のファイナル成績は下記の通り。


男子グレコローマン

 【63kg級】=21選手出場

 ▼決勝
Meysam DALKHANI(イラン)○[5-4]●Leri ABULADZE(ジョージア)

 ▼3位決定戦
清水賢亮(日本)○[Tフォール、2:47=10-1]●Erik TORBA(ハンガリー)
Lenur TEMIROV(ウクライナ)○[5-4]●Taleh MAMMADOV(アゼルバイジャン)

-----------------------------------------

 【67kg級】=27選手出場

 ▼決勝
Mohammadreza GERAEI(イラン)○[5-2]●Nazir ABDULLAEV (RWF)

 ▼3位決定戦
Ramaz ZOIDZE(ジョージア)○[Tフォール、1:24=8-0]●Hasrat JAFAROV(アゼルバイジャン)
Almat KEBISPAYEV(カザフスタン)○[7-4]●Murat FIRAT(トルコ)

-----------------------------------------

 【87kg級】=25選手出場

 ▼決勝
Zurabi DATUNASHVILI(セルビア)○[Tフォール、3:46=9-1]●Kiryl MASKEVICH(べラルーシ)

 ▼3位決定戦
Lasha GOBADZE(ジョージア)○[5-2]●Turpan BISULTANOV(デンマーク)
Arkadiusz KULYNYCZ(ポーランド)○[フォール、4:54=5-2]●Istvan TAKACS(ハンガリー)

-----------------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]RWF(ロシア・レスリング連盟)152点、[2]イラン 146点、[3]アゼルバイジャン 107点、[4]ジョージア 92点、[5]トルコ 66点、[6]ハンガリー 60点、[7]日本 54点、[8]アルメニア 49点







COVID-19ガイドライン

年別ニュース一覧

サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
フェアプレイで日本を元気に