日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.03.28

【2022年全国高校選抜大会・特集】主力の離脱で昨年優勝チームが初戦敗退、「この悔しさを胸に、どれだけ頑張れるかです」…鳥栖工(佐賀)・小柴健二監督

 

 全国的に発令されたまん延防止もあり、活動が制限された冬を乗り越えて開催された2022年全国高校選抜大会。昨年の学校対抗戦で優勝し、インターハイも制した鳥栖工(佐賀)が初戦の2回戦で昨年3位の花咲徳栄(埼玉)に黒星。初戦で姿を消す波乱が行った。

 51kg級で昨年個人戦優勝の白川剣斗が体重が思うように落ちず、数日前に大事をとって棄権を決めた。これによって小柴健二監督は、かなり厳しい闘いを覚悟したそうだが、60kg級の須田宝と80・125kg級で白星は見込めたので、あと1階級を勝ってチームの勝利を目指した。

 しかし、71kg級は同点ながら内容差での惜敗。「相手がよくやったんだと思います」と花咲徳栄の強さを認め、「素人(高校入学後にレスリングを始めた選手)もいる中で、よくやりました。これから鍛えていきます」と気を取り直した。

 昨年はインターハイでも優勝しているので、このメンバーでもう一度、「連覇」に挑めることになる。「この悔しさを胸に、どれだけ頑張れるかです」と選手の奮起を期待。まず個人戦と4月末に予定されているJOC杯を頑張らせ、インターハイへつなげる腹積もり。「2回戦負けのチームが言えることではないかもしれませんが、インターハイでは連覇を狙います」ときっぱり。

学校対抗戦・花咲徳栄専で闘う60kg級の須田宝。チームは3-4で無念の黒星







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に