日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.04.16

男子グレコローマン・チームが出発…2022年アジア選手権(モンゴル)

 

モンゴルへ向けて出発した男子グレコローマン・チーム=チーム提供

 2022年アジア選手権(4月19~25日、モンゴル・ウランバートル)に出場する男子グレコローマン・チームが4月15日、成田空港から出発した。本協会の海外遠征は昨年10月の世界選手権(ノルウェー)以来で、今年は初めての遠征となる。

 男子グレコローマンは19・20日の両日に行われ、55kg級で昨年優勝の塩谷優(拓大)が2年連続優勝へ挑み、63kg級で世界選手権3位の清水賢亮(自衛隊)は第1シードとしてアジアでの優勝を目指す。

 大会日程と男子グレコローマン・チームは下記の通り。


大会日程(日本時間/日本とモンゴルの時差は1時間=日本が1時間早い)

4月19日(火)12:30~15:30 55・63・77・87・130kg級(1回戦~準決勝、敗者復活戦)
        18:15~18:45  開会式
        19:00~22:00 同級(ファイナル)
  20日(水)12:30~15:30 60・67・72・82・97kg級(1回戦~準決勝、敗者復活戦)
        19:00~22:00 同級(ファイナル)


男子グレコローマン・チーム

55kg級 塩谷 優(拓 大)
60kg級 鈴木絢大(レスターホールディングス)
63kg級 清水賢亮(自衛隊)
67kg級 遠藤功章(東和エンジニアリング)
72kg級 高橋昭五(三惠海運)
77kg級 櫻庭功大(自衛隊)
82kg級 岡嶋勇也(警視庁)
87kg級 角 雅人(自衛隊)
97kg級 鶴田峻大(自衛隊)
130kg級 園田 新(ALSOK)

【強化委員長】赤石光生(日本オリンピック委員会)、【強化副委員長】吉村祥子(エステティックTBC)=17日に女子チームとともに出発、豊田雅俊(警視庁)

【コーチ】笹本睦(日本オリンピック委員会)、清水博之(自衛隊)

【ドクター】橋本立子(JISS)、【トレーナー】太田暁央(自衛隊)、梶尾安正(あみ鍼灸接骨院)=17日に出発

【帯同審判】沖山功(香川・香川中部養護学教)、本田原明(自衛隊)







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に