日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.02

ジョーダン・バローズら米国が4階級で1位……UWWランキング・男子フリースタイル(2022年5月)

 

 世界レスリング連盟(UWW)は、今年の大陸選手権が終了した時点での各スタイル各階級のランキングを発表。男子フリースタイルでは、アジア選手権で優勝した61kg級の樋口黎(ミキハウス)、70kg級の成國大志(MTX GOLDKIDS)とも、基礎のポイント(昨年のオリンピックの世界選手権、今年の第1回ランキング大会)がなかったため上位に顔を出すことはなかった。

 昨年の世界選手権で銅メダルを取った長谷川敏裕(三恵海運)は61kg級で4位。今年は57kg級で世界選手権(9月11~19日、セルビア・ベオグラード)出場を目指しているので、出場が決まっても、そのポイントが世界選手権のシード権に反映されることはない。

今年の世界選手権・男子フリースタイル79kg級の第1シードに近づいたジョーダン・バローズ(米国)=UWWサイトより

 米国が、前回に引き続いて4階級で1位を守った。57kg級のトーマス・ギルマン、74kg級のカイル・デイク、79kg級のジョーダン・バローズの3選手はパンアメリカン選手権で優勝しており、2位との差を広げた。間もなく行われる国内予選を勝ち抜いて世界選手権に出場する場合は、第1シードとなる可能性を強めた。

 86kg級1位のデービッド・テーラー(米国)はパンアメリカン選手権には不出場。2位だったハッサン・ヤズダニチャラティ(イラン)もアジア選手権には出場しておらず、両者の差は1,600点。

 各階級のランキングは下記の通り。このあと、下記4つのランキング大会が行われ、そのポイントを足した順位で世界選手権のシード(第1~8シード)が決まる。

※女子は1日に掲載、男子グレコローマンは3日に掲載予定

《世界選手権までの残るランキング大会》
6月 2~ 5日:ボラト・ツルリハノフ・カップ(カザフスタン・アルマトイ)
6月22~25日:マテオ・ペリコネ国際大会(イタリア・ローマ)
6月27~30日:地中海大会(アルジェリア・オラン)
7月14~17日:ズヘイル・スガイアー国際大会(チュニジア・チュニス)


男子フリースタイル・ランキング(2022年5月末時点)

 【57kg級】
[1]GILMAN Thomas Patrick(米国)92,200点
[2]KUMAR Ravi(インド)51,400点
[3]UGUEV Zavur(ロシア連盟)51,000点
[4]SARLAK Alireza Nosratolah(イラン)37,000点
[5]LEHR Horst(ドイツ)36,100点
[6]SANAYEV Nurislam(カザフスタン)34,200点
[7]ATLI Suleyman(トルコ)32,000点
[8]TSIUTRYN Aryan(ベラルーシ)31,000点
[9]EGOROV Vladimir(マケドニア)27,000点
[10]MUTALIEV Abubakar(ロシア連盟)25,000点

----------------

 【61kg級】
[1]MAGOMEDOV Abasgadzhi(ロシア連盟)45,000点
[2]HARUTYUNYAN Arsen(アルメニア)44,000点
[3]FIX Daton Duain(米国)42,000点
[4]長谷川敏裕(日本)31,000点
[5]VANGELOV Georgi Valentinov(ブルガリア)27,700点
[6]ZHOLDOSHBEKOV Ulukbek(キルギス)25,100点
[7]RAVINDER Ravinder(インド)25,000点
[8]TUMENBILEG Tuvshintulga(モンゴル)25,000点
[9]ALI Alibeg(バーレーン)22,300点
[10]ATLI Suleyman(トルコ)19,520点

----------------

 【65kg級】
[1]SHAKHIEV Zagir(ロシア連盟)56,400点
[2]TUMUR-OCHIR Tulga(モンゴル)53,500点
[3]ALIYEV Haji(アゼルバイジャン)52,400点
[4]乙黒拓斗(日本)51,000点
[5]BAJRANG Bajrang(インド)42,200点
[6]YAZDANICHERATI Amirmohammad Babak(イラン)37,000点
[7]MUSZUKAJEV Iszmail(ハンガリー)36,000点
[8]OSMONOV Alibek(キルギス)35,000点
[9]RASHIDOV Gadzhimurad(ロシア連盟)34,200点
[10]ROHIT Rohit(インド)33,200点

----------------

 【70kg級】
[1]IAKOBISHVILI Zurabi(ジョージア)54,200点
[2]AKMATALIEV Ernazar(キルギス)53,520点
[3]GADZHIEV Magomedmurad(ポーランド)45,000点
[4]ANDREASYAN Arman(アルメニア)36,000点
[5]ZHERBAEV Evgenii(ロシア連盟)31,000点
[6]GREEN James Malcolm(米国)29,600点
[7]BAYRAMOV Turan(アゼルバイジャン)25,000点
[8]ELAHI Erfan Mohammad(イラン)17,000点
[9]GRAHMEZ Nicolai(モルドバ)16,900点
[10]KAYA Mustafa(トルコ)15,500点

----------------

 【74kg級】
[1]DAKE Kyle Douglas(米国)92,200点
[2]SALKAZANOV Tajmuraz Mairbekovic(スロバキア)52,000点
[3]SIDAKOV Zaurbek(ロシア連盟)51,000点
[4]ERYILMAZ Fazli(トルコ)42,400点
[5]KADZIMAHAMEDAU Mahamedkhabib(ベラルーシ)41,400点
[6]CHAMIZO MARQUEZ Frank(イタリア)36,000点
[7]ABDURAKHMONOV Bekzod(ウズベキスタン)34,200点
[8]KENTCHADZE Avtandil(ジョージア)31,200点
[9]BIZHOEV Timur(ロシア連盟)31,000点
[10]RAMADAN reda(エジプト)29,200点

----------------

 【79kg級】
[1]BURROUGHS Jordan(米国)63,000点
[2]NOKHODILARIMI Mohammad Ashghar(イラン)37,000点
[3]AVAGYAN Arman(アルメニア)33,000点
[4]KOUGIOUMTSIDIS Georgios(ギリシャ)31,200点
[5]VALIEV Radik(ロシア連盟)31,000点
[6]KENTCHADZE Nika(ジョージア)31,000点
[7]吉田隆起(日本)25,000点
[8]ALEKMA Saifedine(フランス)21475点
[9]SAVADKOUHI Ali Bakhtiar(イラン)20,200点
[10]ASHIROV Ashraf(アゼルバイジャン)19,200点

----------------

 【86kg級】
[1]TAYLOR III David Morris(米国)88,000点
[2]YAZDANICHARATI Hassan Aliazam(イラン)86,400点
[3]NAIFONOV Artur(ロシア連盟)65,200点
[4]AMINE Myles Nazem(サンマリノ)47,200点
[5]ABAKAROV Abubakr(アゼルバイジャン)42,000点
[6]MAKOEV Boris(スロバキア)36,100点
[7]GOCEN Osman(トルコ)36,000点
[8]DAULETBEKOV Azamat(カザフスタン)35,000点
[9]PUNIA Deepak(インド)31,000点
[10]AIBUEV Akhmed(フランス)30,600点

----------------

 【92kg級】
[1]GHASEMPOUR Kamran Ghorban(イラン)45,000点
[2]NURMAGOMEDOV Osman(アゼルバイジャン)37,500点
[3]KURBANOV Magomed Guseynovitch(ロシア連盟)37,000点
[4]COX Jden Michael Tbory(米国)36,000点
[5]MAHAMEDAU Amarhajy(ベラルーシ)25,000点
[6]VLASOV Andrii(ウクライナ)25,000点
[7]POIRIER Jeremy Adam(カナダ)21,000点
[8]MTSITURI Irakli(ジョージア)18,200点
[9]YAYLACI Erhan(トルコ)16,000点
[10]MAGAMAEV Akhmed Adamovich(ブルガリア)15,500点

----------------

 【97kg級】
[1]SADULAEV Abdulrashid(ロシア連盟)96,000点
[2]SNYDER Kyle Frederick(米国)88,400点
[3]KARADENIZ Suleyman(トルコ)38,500点
[4]NUROV Magomedgadji Omardibirovich(マケドニア)36,100点
[5]ULZIISAIKHAN Batzul(モンゴル)36,100点
[6]CONYEDO RUANO Abraham de Jesus(イタリア)34,200点
[7]SALAS PEREZ Reineris(キューバ)34,200点
[8]HUSHTYN Aliaksandr(ベラルーシ)31,200点
[9]GOLEIJ Mojtaba Mohammadshafie(イラン)31,000点
[10]ZAKARIIEV Mahamed(ウクライナ)31,000点

----------------

 【125kg級】
[1]AKGUL Taha(トルコ)88,200点
[2]PETRIASHVILI Geno(ジョージア)86,400点
[3]ZARE Amir Hossein Abbas(イラン)79,200点
[4]MUNKHTUR Lkhagvagerel(モンゴル)65,400点
[5]STEVESON Gable(米国)51,000点
[6]GWIAZDOWSKI Nicholas Edward(米国)38,800点
[7]BOLTIN Oleg(カザフスタン=山梨学院大OB)33,520点
[8]CUDINOVIC Gennadij(ドイツ)24,000点
[9]DENG Zhiwei(中国)23,000点
[10]DHESI Amarveer(カナダ)22,800点







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に