日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.06.28

【2022年明治杯全日本選抜選手権・特集】「父以上の努力をして、オリンピックで金メダルを取りたい」…女子59kg級・元木咲良(育英大)

 

(文=東京スポーツ新聞社・中村亜希子)

決勝とプレーオフで全日本チャンピオンを破った元木咲良(育英大)。世界選手権出場権を手にした=撮影・矢吹建夫

 2022年明治杯全日本選抜選手権の女子59kg級は4月のジュニアクイーンズカップを制した元木咲良(育英大)が、決勝で昨年末の全日本選手権の覇者・屶網さら(至学館大)を下して初優勝。プレーオフでも屶網を下し、世界選手権(9月、セルビア)の代表を決めた。

 攻撃力が光った。決勝では、第1ピリオドから強豪相手にいなしや低いタックル、ローリングでポイントを重ね、6-1とリード。第2ピリオドもポイントを加え、10-3で勝利。プレーオフは堅実な試合となったが、攻め手はゆるめなかった。

 夢の世界切符ゲットに「けががあったり、全日本選手権に出られなかったり…。ここまで来られたのは皆さんのおかげです」と、感慨深げに語った元木。2024年パリ・オリンピックを目指す中、昨年7月に右ひざの前十字靭帯を断裂。2度目のけがだったこともあり、失意のどん底に落とされた。

父は27歳で世界選手権初出場の遅咲き選手

 復帰しても、またけがをするのではないか、とマイナスの感情ばかりが頭をよぎった。しかし、2000年シドニー・オリンピック・グレコローマン代表の父・康年さんに「咲良以外は誰もあきらめていないよ」と声をかけられハッとした。「そうか、下を向いているのは自分だけなんだ」と。

2度の世界選手権出場を経て、30歳でシドニー・オリンピックに出場したときの元木康年さん

 前を見ることができるようになると、地道な練習に取り組んだ。マット練習ができない時期には、技術が高い選手の動画を見て研究にも力を入れた。「技術がさらに身について、けがする前よりも強くなれたかなと思いました」と、成果を実感した。

 康年さんは柔道出身で、自衛隊入隊後の20歳からレスリングを始めた選手。初の世界選手権出場が27歳で、遅咲きながらオリンピックに出場した。ポテンシャルがあり、それを輝かせるための努力を怠らず、夢をかなえた人物だ。

 父からはいつも「やらない言い訳をするな」と教えられた。何事にも手を抜かない。身近に最高のお手本がいると言っていい。

世界一になって自信をつけてから階級変更

 咲良は父の影響で3歳からレスリングを始めたが、朗らかな人柄の父から練習を強制されることはなかった。「伸び伸びとやらせてもらいました。強いられていたら、レスリングを嫌いになっていたと思う。レスリングが好きになれたのは父のおかげです」と頬をゆるめた。

2018年世界カデット選手権で優勝したときの元木咲良(当時埼玉・埼玉栄高)、シニアで同じ結果を出せるか=チーム提供

 59kg級は非オリンピック階級のため、パリ・オリンピックに向けていずれ階級を変更する予定。その前に、世界選手権で女王の称号を得ることが今の目標だ。「世界チャンピオンになって自信をつけたい。今回の試合の反省を生かして、自分のレスリングができるように頑張りたい」と意気込む。

 その先には、父と同じ舞台が待っている。「父は20歳、私は3歳でレスリングを始めたので、お父さんより(五輪の)可能性があると思う。父以上の努力をして、オリンピックで金メダルを取りたいです」

 マットの上に、また一人、楽しみな逸材が現れた。
 







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に