日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2022.07.21

男子グレコローマンの全日本チームがポーランド遠征に出発

 

(取材・撮影=保高幸子)

 9月の世界選手権(セルビア)の代表選手を中心とした男子グレコローマンの全日本チームが7月20日、「ピトラシンスキ国際大会」出場と合宿練習のためポーランドへ向けて出発した。23日(土)~24日(日)に大会に出場し、そのあと現地で地元選手ほかと練習し、8月7日(日)に帰国する。

ポーランドに向けて出発した男子グレコローマン・チーム

 世界選手権やアジア選手権、オリンピック予選を別として、全日本チームが“修業”のための遠征を実施するのは2019年7月の「オレグ・カラエフ国際大会」(ベラルーシ)以来。笹本睦監督(日本オリンピック委員会)は「多くの選手が、しばらくの間、国内でしか練習しておらず、ヨーロッパの選手とは練習をしていない。コロナ禍の中でも、外国勢は試合に出ていた。自分の立ち位置を確認し、世界の壁を感じてほしいと思っています」と言う。

 大会には3スタイルで31ヶ国がエントリーしているという情報が入っている。「レベルが高いと思う。来年はオリンピックの予選の年なので、もうあまり時間がない。選手は、まだ危機感を感じていないように思うし、肌で感じないと分からないもの。それを感じてもらうことが目的です」と話すとともに、「もちろん、国際大会で結果残して自信をつけ、課題を見つけてほしいと思います」と期待した。


大会日程

7月23日(土) 55・60・63・67kg級
   24日(日) 72・77・82・87・97・130kg級

※20~21日は男子フリースタイル(ジオルコウスキ国際大会)、21~22日は女子(ポーランド女子オープン)が行われる


男子グレコローマン日本選手団

【監督】笹本睦(日本オリンピック委員会)、【コーチ】鶴巻宰(自衛隊)

【トレーナー】野呂賢二(JSC)

【帯同審判】沖山功(香川・香川中部養護学教)、本田原明(自衛隊)

 《派遣選手》
▼55kg級 塩谷 優(拓大)
▼60kg級 文田健一郎(ミキハウス)
▼63kg級 池田龍斗(日体クラブ)
▼67kg級 遠藤功章(東和エンジニアリング)、曽我部京太郎(日体大)
▼72kg級 堀江耐志(自衛隊)
▼77kg級 屋比久翔平(ALSOK)、前田明都(レスターホールディングス)
▼82kg級 岡嶋勇也(警視庁)
▼87kg級 角 雅人(自衛隊)、阪部 創(自衛隊)
▼130kg級 園田 新(ALSOK)


▼60kg級・文田健一郎(ミキハウス)

▼77kg級・屋比久翔平(ALSOK)

▼55kg級・塩谷優(拓大)







JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

サイト内検索


【報道】取材申請について
-------------

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。


アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNSの投稿は卑劣な行為です。
JADA HOMEPAGE

フェアプレイで日本を元気に